Search this site
人形作家大野季楽の日々徒然
<< パリとプロヴァンスの旅 | TOP | 新作〜! >>
アルル



今回の旅の目的のひとつ、ゴッホゆかりの地を訪ねてきました。
夜のカフェテラス、跳ね橋、そして精神を病んで入院していた修道院です。
ゴッホの絵で見ていた、風景が目の前に広がっています。
美しいフランスの田舎町、乾燥した台地と眩ばゆい光・・・

でも、どの景色もゴッホの絵には敵わないのです。
改めて絵から放たれる強烈なインパクトに圧倒されてしまいました。

今までどちらかと言えば、印象派よりルネッサンス絵画に惹かれていたのですが
一昨年オーベルシュルオワーズに行ってから、ゴッホに心を揺さぶられています。
posted by 人形作家大野季楽 | 00:09 | - | - | - |